有名窯が一挙に集結する陶器イベント 陶芸ジャパン2018 in OSAKA

青星窯

あおぼしがま

江刺 清行

《プロフィール》
昭和19年宮城県仙台市生まれ。セラミックスと金属による接合部品の作製会社経営の傍ら長年に渡って新しいカラフルなセラミックス材料の焼物への応用を研究。最終学歴はカナダブリティッシュコロンビア州立大学応用科学修士。
《作品の特徴》
白磁およびアルミナやジルコニア等のセラミックス原料を使って作製した作品。器や工芸品等。
《作陶に対するこだわり》
できるだけ自然に近い状態の生物のデザインにこだわった陶芸作品。何百年も陳腐にならないデザインを心掛けました。

写真のシャコ貝、ホタテ貝は貝殻の器のシリーズ作品で、通常の方法では成形困難な形状のものです。独自に開発した成型方法によって初めて可能になりました。内側外側共、入り組んだ自然の文様ができております。
青色の魚板は強靭なジルコニア製です。鱗および目の宝石はクリアなキュービックジルコニア、口には玉として金色の真珠を咥えております。裏側の目のキュービックジルコニアは独自の最新技術によって金属ろう付け接合で固定されております。鱗のキュービックジルコニアは機械的に強固に嵌め込まれておりますので接着剤などを使用して反射光量を損なうことがなく美しい輝きを保っております。

《出展情報》
■2019年
8月  日々を彩る暮らしと趣味のフェア (神戸国際展示場3号館/神戸市)

所 在 地

青星窯

〒518-0443
三重県名張市青蓮寺1350-3

窯  主 江刺 清行
T E L 0595-64-8012
メ ー ル hybrid@drive.ocn.ne.jp
H   P https://www.aoboshigama.net/